嗤う!コリアの生活

韓国を中心として特定アジアを笑介するブログ
(旧棒太郎の備暴録

【別館】棒太郎のWiki Wiki by Boutarou

FC2カウンター


現在の閲覧者数:

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング
FC2 Blog Ranking

プロフィール

baiding

Author:baiding
《運営方針》トラバ・リンクフリー,コメントもご自由に。コピペもどうぞ。間違え指摘歓迎。あと管理人は面倒くさがりなので,返事は期待しないで下さい(^ω^)

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【韓国】「日帝の米収奪」論を嗤う
【元ネタ】日帝の米収奪だってさ。(笑) (ENJOY Korea)
日本人も、韓国人も、「アジアの主食は米」だと信じています。

だが、この考えは、歴史的に不正確なのです。
米、特に白米は、近代になって庶民も食べられるようになった「贅沢品」であり、それ以前の庶民は、粟、稗、などの雑穀を、食べていたのです。

雑穀

「五穀」という言葉を、聞いたことがあるでしょう。


日帝時代初期の新聞記事を読んで、当時の朝鮮の食料事情を確認してみましょう。
(クリックすると大きく表示されます↓)
asahi.jpg
満州日日新聞 1915年9月9日
「粟の朝鮮輸出」
http://www.lib.kobe-u.ac.jp/das/jsp/ja/ContentViewM.jsp?METAID=00492935&TYPE=
【内容抄訳】

元来、朝鮮では、粟を主食としており、南部では、米と粟を混合して食べていたが、北部では、米を食べず、粟だけを主食としていた。
従って、満州で生産される粟が、朝鮮に大量に販売されていた。
しかし、近年、外国の安い米が流入した結果、米の需要が増加した。
朝鮮庶民は粟を主食としてきたが、米の方が粟より美味しいので、米と粟の値段を比較し、米が高くなれば、粟を食べ、米が安くなれば、米を食べるのである。


上記の通り、朝鮮では、粟を主食としてきたが、19世紀、朝鮮が開国した結果、海外(主に中国)の安い米が朝鮮に流入し、朝鮮庶民の米消費量が増加したのである。


ところが、日韓併合後、韓国人の米消費量が、漸次、減少するのである!


このデータこそが「日帝の米収奪」だと,韓国人が大騒ぎする決定的資料である。



さて、韓国人の米消費量が減少したのは、本当に、日帝の犯罪なのだろうか?


上記の新聞記事の記述の通り、韓国人は、
「米が高くなれば、米を売って粟を購入し、米が安くなれば、米を食べる」


ところが、日帝時代、韓国人が作る米は、漸次、値段が上昇する決定的要因があったのである。


即ち、日帝時代の前期と。後期では、韓国人が作っていた米は、同じ米では無いのである。


元来、朝鮮で栽培されていた米は、赤米や小石が大量に混じっており、日本に販売しても、「三等米」として、極めて安い値段で販売されていた。

赤米

これでは、日本市場で全く売れないので、日韓併合後、総督府は、日本の品種改良米を朝鮮に導入し、品質管理に努めて、朝鮮の米の価値向上を図った。


その努力が実り、日帝時代後期には、朝鮮で生産される米も、日本の米同様、「一等米」として、高い値段で販売されるようになったのである。


【参考資料】
「韓国の米の真実」
(日本語)http://www.enjoykorea.jp/tbbs/read.php?board_id=pfood&nid=33382
(韓国語)http://www.enjoyjapan.naver.com/tbbs/read.php?board_id=pfood&nid=33382

「韓国農業の近代化政策を、「収奪」と呼ぶ欺瞞」

(日本語)http://www.enjoykorea.jp/tbbs/read.php?board_id=pfood&nid=36023
(韓国語) http://www.enjoyjapan.naver.com/tbbs/read.php?board_id=pfood&nid=36023



秋刀魚を獲る漁師は、毎日、秋刀魚を食べることができるが、
マグロを獲る漁師は、毎日、マグロを食べたりしない。
高い値段でマグロを販売して、安い食材を購入する。
経済感覚において、当然の判断である。

韓国人は、「米が高くなれば、米を売って粟を購入し、米が安くなれば、米を食べる」
生産する米の価値が上昇し、値段が高くなったら、韓国人はどうするだろうか?


毎日、高級米を食べるのだろうか? 
(当時は、日本の農民にとっても、米は贅沢品でした。)
当然、生産した米を売って、安い粟を購入するでしょう。


上記の「日帝の米収奪の決定的資料」では、韓国人は、資料の読み方を、完全に間違えています。

年々、韓国で生産される「米」の実態が変化しており、品質、価格が、上昇しているのです。

そんな事実を無視し、「一等米」と「三等米」を同等の米として評価して、米消費量だけを比べても、全く無意味なのです。

日帝時代の朝鮮の食糧事情を解明するには、摂取カロリー量、エンゲル係数を比較検討しなければならないが、無論、当時、そんなデータは存在しません。


ただ、日帝時代、韓国人の人口が二倍になったデータがあるだけなのです。



韓国独立後も、日本人が教えた品種改良技術と日本の米を使って、「韓国米」を開発し、美味しい米を享受する韓国人が、そんな事実を無視して、「米の収奪」と非難するのは、笑止千万ですね。









スポンサーサイト
この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://boutarou.blog103.fc2.com/tb.php/86-6dfbae20
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。