嗤う!コリアの生活

韓国を中心として特定アジアを笑介するブログ
(旧棒太郎の備暴録

【別館】棒太郎のWiki Wiki by Boutarou

FC2カウンター


現在の閲覧者数:

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング
FC2 Blog Ranking

プロフィール

baiding

Author:baiding
《運営方針》トラバ・リンクフリー,コメントもご自由に。コピペもどうぞ。間違え指摘歓迎。あと管理人は面倒くさがりなので,返事は期待しないで下さい(^ω^)

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【元寇の真実】日本と韓国の間で一番最初に行われ、謝罪も賠償も行われていない大侵略・大虐殺
【元ネタ】antithese 氏作成日本と韓国の間で一番最初に行われ、謝罪も賠償も行われていない大侵略・大虐殺 (ENJOY Korea)
「高麗史」によれば、元寇の発端は高麗の忠烈王が元の世祖(フビライ・忽必烈)にしきりに働きかけ、執拗に日本への遠征を勧めたことになっている


その結果、1274年、高麗は自ら、日本を侵略するために、戦費全額を高麗が負担、軍船900隻建造し、2万人の高麗軍によって、日本の対馬・壱岐に上陸し残虐な殺戮を行った (当絵画は、Yada Issho画伯、福岡県の指定文化財である)




 



1274年10月5日、対馬に上陸した敵兵は、住民は男はことごとく殺され、
女は生きたまま手に穴を空けられ、数珠のように繋がれ、捕虜として船に吊るされた。
さらに200人の少年と少女は高麗軍に連れ去られ、高麗王・忠烈王に献上された。




 



1274年10月14日、2万人の高麗軍は壱岐を攻める。こでも対馬と同じく、壱岐の住民は
大部分が斬殺され、対馬と同様に、婦女子は手に穴をあけられ船に吊るされたという。
壱岐の守護代 平景隆は約100騎と義勇軍で奮戦力及ばず、一門一党残らず自殺、
宗三郎に急を太宰府に報じるよう命じた。




壱岐は、高麗軍らの残虐行為により、すっかり荒廃してしまった。 夕暮戦場のあとを彷徨い、
戦没した夫を恋う妻、父を慕う子の悲惨さなど戦争のむごたらしさを物語るものがあった。
対馬・壱岐に点在して残る「千人塚」。高麗軍によってたくさんの日本人が虐殺されたことを
いまも伝えている。


今も泣く子を黙らせるため、母親が子に「ムクリコクリの鬼が来る」(モンゴル韓国の鬼が来るよ)とあやす言い方が
日本各地に残っていて、辞書にも残っている。元寇(日本征伐)から700年を経過した今なお、日本人の高麗に対する潜在的な恐怖心は消えていないのである。



 


 


 



高麗の王、忠烈王の言葉


 


 



高麗史の元宗十三年(1272年)三月の条
日本は、モンゴル皇帝様に服属していません。
だから、戦艦を作って日本を侵略しましょう。
もしも、この事を皇帝さまの下僕である私に任せくだされば
心力を尽くし励みます。皇帝さまの力になりたいです



 


 

 

 

 

 

 

 

 

こうして韓国人は日本侵略をはじめました


 


 


 


 


 


 


 



 


 


 



円覚寺(ENKAKUJI)は13世紀に日本を侵略し、九州大虐殺という蛮行を行った
韓国人中国人モンゴル人の兵士を祀ったお寺です。
日本の指導者の将軍、北条時宗(HOUJOUTOKIMUNE)が建てて参拝しました。
このように日本侵略、九州大虐殺を行った韓国人兵士を祭る施設が日本には沢山あります。
800年間日本人により保護されてきました。
日本は日本人を大量虐殺した韓国人兵士をも神仏として参拝する国です
死んだら敵の虐殺者も味方もみんな神仏です


日本人は侵略者韓国人を許し神仏として奉りました
しかし、
韓国人は日本より強い国が後ろにある時
その国を利用して日本侵略をするという事を忘れません



 


 


 


 


 


 



韓国人は自分たちが前科者であることを忘れないで下さい

スポンサーサイト
この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://boutarou.blog103.fc2.com/tb.php/68-f9308aa7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。