嗤う!コリアの生活

韓国を中心として特定アジアを笑介するブログ
(旧棒太郎の備暴録

【別館】棒太郎のWiki Wiki by Boutarou

FC2カウンター


現在の閲覧者数:

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング
FC2 Blog Ranking

プロフィール

baiding

Author:baiding
《運営方針》トラバ・リンクフリー,コメントもご自由に。コピペもどうぞ。間違え指摘歓迎。あと管理人は面倒くさがりなので,返事は期待しないで下さい(^ω^)

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

韓国人「慰安婦」の証言5【金君子】
【元ネタ】朝日はいつまで「元慰安婦」を利用するの?(ぼやきくっくり)





【北海道新聞での証言】
2005年6月23日

http://www5.hokkaido-np.co.jp/syakai/senkanokioku/katari/03.php3

 幼いとき両親をなくした金さんは、六十数年前、日本植民地時代の韓国江原道で、養女に出された。ある日、養父から「お使いに行っておくれ」と言われて、汽車に乗せられた。女性たちがたくさんいて、兵隊の姿も見えた。




【「東京の高校生 平和のつどい」における証言】
200511月

http://lumokurago.exblog.jp/d2005-11-20



私は10歳で父、14歳で母を亡くし、孤児でした。あの頃はみんなそうでしたが、大変な暮らしで、他人の家に働きに出て日銭を稼いでいましたが、16歳の時、チョロンの巡査の養女になりました。その頃、私にはボーイフレンドがいましたが、結婚できませんでした。1942年3月養父に「お金を稼げるところがあるから」と言われて、chosun人の軍人に連れて行かれました。





【朝日新聞での証言】
2006年03月02日

http://www.asahi.com/kansai/kataritsugu/OSK200603020051.html

金君子(キム・グンジャ)さん(79)
(中略)
幼い時に両親が死んで養女に。17歳の時、家にchosun人2人が来た「工場で働かせてあげる」。列車で連行されたのが旧ソ連国境近くの中国・琿春。慰安所だった。


2006-(79-17)=1944年
スポンサーサイト
この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://boutarou.blog103.fc2.com/tb.php/59-328c3801
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。