嗤う!コリアの生活

韓国を中心として特定アジアを笑介するブログ
(旧棒太郎の備暴録

【別館】棒太郎のWiki Wiki by Boutarou

FC2カウンター


現在の閲覧者数:

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング
FC2 Blog Ranking

プロフィール

baiding

Author:baiding
《運営方針》トラバ・リンクフリー,コメントもご自由に。コピペもどうぞ。間違え指摘歓迎。あと管理人は面倒くさがりなので,返事は期待しないで下さい(^ω^)

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

WW2での朝鮮人の犯罪
元ネタ massairyu氏(ENJOY Korea)
■韓国人 崔基鎬(Che keiho)加耶大学客員教授の述懐


併合時代、私は東京に住んでいました。
そして、時々、ソウルや平壌に行きました。
その当時の韓国人は「日本人以上の日本人」です。
劇場に行くと映画の前に戦争のニュースがありました。
例えばニューギニアで日本が勝った映像が流れると、拍手と万歳の嵐です。
私は映画が好きで、日本でも頻繁に行きましたが、日本人は冷静でした。
しかし韓国では殆ど全員が狂ったように喜んでいました。
それが普通の姿でした。

http://www2.odn.ne.jp/~aab28300/backnumber/04_12/tokusyu.htm












■Tama大学学長 G・クラーク氏の言葉


元オーストラリア軍人の捕虜の殆どは、収容所の監視員だったChosun人に対する憎悪がある。
日本人は捕虜を殴る程度だった。
しかしChosun人は全ての陰湿で執拗な残虐行為を行なっていた。

これらのChosun人BC戦犯を擁護する行動を、日本の左翼がしていた事が信じられない。
http://www.ch-sakura.jp/bbs_thread.php?ID=137319&GENRE=sougou











■オーストラリア人 ケニス・ハリスンの著書『あっぱれ日本兵』
※日本軍の捕虜となったオーストラリア兵の証言を抜粋


その日の最後に、Chosun人に会わされた。
Chosun人は(日本人と比べて)大型で、顔は平たく、知性で劣っていた。
そして日本人が与えた屈辱を我々に転嫁した。

どんなに試みても、彼らと本当の人間関係を作る事は出来なかった。
Chosun人は日本人よりも遥かに酷い体罰を行なった。
我々はChosun人が怖かった。












■アカデミー賞を受賞した映画 『The Bridge on the River Kwai』


非常に有名な映画。
アカデミー賞を受賞。
日本では「戦場に架ける橋」の名で上映された。
この中で、日本軍が捕虜のイギリス人をリンチする話が出てくる。
しかし、資料を調べると…。
この収容所でイギリス人をリンチした人間は殆どChosun人だった。
しかも軍属(軍の仕事を請け負う民間の業者)だった。
戦後148名が罪に問われた。












■中国人 謝永光の著書『日本軍は香港で何をしたか』

最初の数日間は平穏無事で、日本軍の姿は全く無かった。
ところが、ある日、突然5~6人の動物のような兵隊が現れた。
そして麻雀をしていた4人の女優を強姦した。

(中略)
この男達はChosun人であった。
(中略)
香港占領期間中、多くのChosun人が日本の軍服を着ていた。
Chosun人は一般の日本人よりも背が高く、日本の正規軍よりも凶暴だった。
この時、民家に乱入して婦女暴行を働いたのは、殆どChosun人であった。
当時、香港住民は日本軍よりもChosun人を激しく憎んだ。

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4784503420/249-5125967-5001940











■当時の中国人が描いた絵『Chosun人が中国人を殺す』

※服に「Chosun人」と書いてある。
※日本の軍旗をひけらかしている。
※「高麗棒子二鬼子」(二番目の鬼)と呼ばれ、日本人よりも嫌われていた。












■登山趣味を持つ日本人医師の述懐『フィリピンの心象風景』

登山では仲間の信頼関係が大切だ。
韓国、フィリピン、日本の3人で風雨の中、登頂する寸前の事だった。
休憩のときAN(安)がKOREANである事を知らないフィリピン人が言った。
「日本の占領下で最も残虐だったのはKOREANだった。赤子を投げて銃剣で差したのも彼らだった」
一気に遭難しそうになったパーティを必死で支えながら、私は山下将軍の亡霊を見たような心境だった。
その後も各地で同じ話を聞いた。
愛国者であったAN(安)の気持ちが心配だった。
http://www.net-ric.com/advocacy/datums/95_10irohira.html












■PARIS MATCH記者 A・スムラーの著書『日本は誤解されている』
※フランスの雑誌「PARIS MATCH」


日本人戦犯の責任を軽減するつもりはない。
しかし、占領地域で最も嫌われたのは、日本国籍を持っていたChosun人だった。

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4531080548/249-1372373-3521946


スポンサーサイト
この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://boutarou.blog103.fc2.com/tb.php/57-e0e85fea
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。